「105ライティングの勉強法」カテゴリーアーカイブ

ライティング(中級・上級レベル)

中級レベル 難しい文法を身につける まず目指すポイントは英文法のレベルアップです。 中高レベルが完全に理解できているのが当たり前です。 それ以上のレベルを身に着けることが難しい文法を身につけることです。 難しいレベルといっても、TOEIC,TOEFLレベルの英文法です。 難しく感じるかも知れませんが、難しくはありません。 難しく感じるようであれば、しっかりと基礎を身について いない状態で、難しいものに挑戦していることになります。 そうゆう場合は、自分のレベルに合わせて、基礎から身に着けなおして ください。 質にこだわる 初級レベルは、慣れるという意味でも中身よりも、書くことが大切です。 しかし、中級レベルになってきた場合は、質にこだわる必要もあります。 また、英語の文章の構成は、下記のようになります。 イントロ(紹介) パラグラフ(イントロで紹介した中身) パラグラフ(イントロで紹介した中身) パラグラフ(イントロで紹介した中身) コンクル(結論) 中級レベルであれば、英語の構成で文章を書けるレベルに ならないといけません。英文の書き方などは、書籍がたくさんあので そちらを参考にしてください。 一度覚えてしまえば、書き方は同じです。 上級レベル 慣れる、分野を増やす。 これのレベルになれば、上記で紹介した英文の構成で かけるようになっているはずです。 後は、表現力や語彙を増やすことで、すばらしい英文が書けるようになります。 また、自分の得意なことなら書ける だけでなく特定のテーマを与えられても、 英文の文章が書けるように練習しましょう。

ライティング(初級レベル)

文法から よくライティングができないという人がいます。 それも初級レベルの方に多いです。 なぜでしょうか? それはしっかりと、文法を理解していないからです。 理解をしていれば、どんな些細な英語でも書けるはずです。 かけないということは理解をしてないとゆうことです。 もう一度見直して、文法を基礎から学んでみましょう。 ポイントは、難しくないものです。 中学レベルがおススメです。 小難しいことから初めて、難しい英文を書こうとする必要はありません。 まずは、簡単なことからはじめ、確実にマスターをしたから 難しいものに挑戦してください。 毎日日記を書こう! といっても何を書いていいか迷います。 難しく考えると続かないので、1日4行程度でいいので書く! 4行じゃなくても2〜3行でもいいです。 例えば、今日は何を食べたのか、何をしたのか? それだけでいいです。 とにかく書くことだけに集中をします。 間違っていてもいいです。 なぜ書くことだけに集中するのか? それは、現時点のレベルを自分でしっかりと理解することができる方です。 かけるのか? かけないのか? かけても文法が間違っているのか? 実際間違っていたとしても、自分ではわかりません。 自分で書いたのだから。 しかし、2~3ヶ月後にもう一度過去の日記を確認します。 もし仮に英語力が伸びていれば、過去に書いた日記を見ただけで 間違えている箇所がわかります。 過去なのに現在形になっている。 三人称単数のSが抜けている。 など、英語力が伸びていれば確実に気づかなかった点が気づけるように なります。だまされたと思ってやってみてください。 私がそうでした^^ 過去の自分の英語の日記を見てげらげら笑いました。