「104スピーキングの勉強法」カテゴリーアーカイブ

スピーキング強化

やっぱり生の英語に触れることが一番の近道です。 ある程度自分で勉強して、 なれてきたら生で英語をしゃべる機会を作りましょう。 とは言っても、英会話などに行くのにはお金がかかります。 都会であれば、パブなど英会話喫茶があります。 もちろん参加は無料です。 是非、無料で外人と触れ合う機会があるので、試してみましょう。 そういった機会がない人でも、 英会話は初回無料キャンペーンをしています。 是非、参加をしてみてください。 もし、英会話などに参加した場合、 重要なのは、自分の頭で考えることです。 わからなくても、自分の言いたいことを、単語、単語で表現をします。 そうすると何かしら相手は気づいてくれて、 「何々?」 と相手が言ってくれます。 そのときに、 「あ〜そうゆうふうに言えばいいのか?」 とわかります。 極論はそれの繰り返しです。 自分がどんなに間違えていても、 相手が察してくれて、的確な自分の言いたいことを言ってくれます。 また自分の言いたいことを頭で考えていると、 そのときにはいえないかもしれませんが、 ふと家に帰ったときに、 あ〜こうゆうふうに言えばもっとよかったな。 あ〜すればもっと伝わったかなと 考えることができます。 生で英語に触れる機会を作り、上記で紹介したことを ためしてください。あなたの英語はかなり上達します^^

スピーキングは真似ること

スピーキングは真似ること 簡単な英会話の書籍を参考にして口にだしていうことです。 いきなり自分で英語でしゃべろうとしても最初は難しいです。 そこでひたすら、参考書をまねして、口に出していうことです。 まずは英語になれることを重点におきます。 ある程度慣れてきたら、次は文法の意識です。 例えば、助動詞(canの後は動詞の原型が来る) などです。 それとともに、いろいろな状況を自分で考えて見ます。 I have a dog.(私は犬を飼っています。) 書籍には、上記しか載っていなくても、下記のように自分で考えてみます。 彼は犬を飼ってっています。 彼は2匹犬を飼っています。 He has a dog. He has two dogs. 彼は犬を飼ってっています。 主語(he)だから動詞にはSをつけないと! これをなんと言うのだ?3単現の「S」中学で習いましたね。 彼は2匹犬を飼っています。 主語(he)だから動詞にはSをつけないと! あれ2匹ってなんていうんだ、two dogs dogは複数名詞だから2匹だから複数形のdogにsをつけないと このように一つの文章からいくつものパターンが考えられます。 いくつかパターンを試してみると、わからない点が出てくると思います。 その点を1点づつ改善をしてできるようにしていきます。 まずは、まねること、次は文法の意識をすること、次は、一つの文章からいくつもの パターンを連想すること! これらを繰り返し練習していけば、基礎的なことはしゃべれるようになります。